著書

1.仁科一彦, 斉藤都美, 大野弘明, 谷川寧彦, 2018,『入門 ビジネス&ファイナンス』, 中央経済社.

2.Hiroaki OHNO, 2009, "Essays on Incomplete Market Participation and Risk Sharing", Doctoral Dissertation, Osaka University.

査読付き公刊論文

3. Hiroaki OHNO, 2016, "Impact of Risk Aversion on Optimal Market Integration," Journal of Economic Integration, Vol. 31 (4) pp.968--994.

4. Hiroaki OHNO, Kouki SUGAWARA, 2016, "Variety Expansion, Preference Shocks, and Financial Intermediaries," Annals of Finance, Vol.12 (1) pp.17--28.

5. Hiroaki OHNO, 2014, "Limited Market Participation, Financial Intermediation, and Consumption Smoothing," International Journal of Economics and Finance, vol. 7(3) pp. 36--44.

6. Hiroaki OHNO, 2011, "Limited Market Participation, Financial Intermediaries, and Endogenous Growth," Review of Economics and Finance, vol. 4 (1) pp. 51--62.

7. 大野弘明, 2010, "空売り規制の株価安定化機能," 『現代ファイナンス』,vol. 28 (1) pp. 3--15.

8. Hiroaki OHNO, 2010, "Risk-Sharing Externalities and Its Implications for Equity Premium in an Infinite-Horizon Economy," Czech Economic Review, vol. 4 (2) pp. 168--188.

9. Hiroaki OHNO, 2009, "Incomplete Market Participation, Endogenous Endowment Risks and Welfare", Journal of Economics and Business, vol. 61 (5) pp. 392--403.

その他公刊論文

10. 大野弘明, 2007, "市場参加選択の厚生経済分析," 『大阪大学経済学』, 第57巻(2), pp.59--69.

11. 仁科一彦,大野弘明, 2006, "新しい金融システム−研究成果と展望,"『貯蓄経済理論研究会年報』, 第21巻, pp.63--85.

学会報告

1. 日本金融学会国際金融部会, 2014年1月, 明治学院大学, "Volatility, Market Integration, and Growth", 日本語,口頭.

2. 地域金融コンファレンス, 2013年9月, 神戸大学, "Volatility, Market Integration, and Growth", 日本語,口頭.

3. 日本経済学会春季大会, 2013年6月, 富山大学, "Variety Expansion, Preference Shock, and Financial Intermediaries", 報告者:菅原晃樹氏.

4. Conference on Poverty, Inequality and Growth, 2012年12月, Tokyo International University and SINFONICA, "Variety Expansion, Preference Shock, and Financial Intermediaries", 英語, 口頭.

5. Asian FA-NFA 2008 International conference, 2008年7月, Pacifico Yokohama, "Incomplete Market Participation, Labor Income Risks and Asset Prices", 英語,口頭.

6. 日本経済学会春季大会, 2008年5月, 東北大学, "Incomplete Market Participation, Labor Income Risks and Asset Prices", ポスターセッション.

7. 日本経済学会秋季大会, 2005年9月, 中央大学, "The Effectiveness of Financial Intermediation under Limited Market Participation", 日本語, 口頭.

研究助成

1. 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 20K01778,「経済発展における金融システムの移行過程に関する動学的分析」, 2020年4月〜2024年3月, 研究代表(単独).

2. 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究 (B) 25780206,「空間的要因を考慮したリスクシェアリング外部性モデルを用いた伝播メカニズムの分析」, 2013年4月〜2017年3月, 研究代表(単独).

3. 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(東京国際大学) S1002006,「発展途上国を中心にした経済統計データベース作成と実証的経済分析」に参加, 2011年4月〜2013年3月.

4. 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究 (スタートアップ) 20830098,「銀行恐慌及び金融危機の伝播の問題へのリスクシェアリング外部性を用いた分析」, 2009年4月〜2011年3月, 研究代表(単独).

5. 日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 07J02623,「新しい金融システムの構築:その一環として預貯金のコミットメント機能を分析する」, 2007年4月〜2009年3月, 研究代表(単独).